Se Katze schaut neugierig

 

気品のある猫といえば、ロシアンブルーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ビロードのような毛並みは銀色に輝き、細身のボディライン、加えて人見知りをする性格さえも、高貴な美しさを際立たせています。

今回はロシアンブルーの魅力に迫ります。

 

目次

1、原産地
2、性格、特徴
3、種類
4、体重
5、寿命
6、健康上の注意
7、なりやすい病気
8、飼育について

 

 

 

1、原産地

ロシア北部のアルハングリスク港にいたブルーの猫が起源というものやロシアの貴族が大切に育てていた猫が起源という説があります。

1860年頃には北欧やイギリスに渡り、繁殖が始まり、1875年には「アークエンジェルキャット」としてイギリスでキャットショーに出場した記録があります。

1900年代にイギリスで血統登録され、「ロシアンブルー」という名に。

シャムとの交配や絶滅危機などに陥りましたが、イギリスに渡ったロシアンブルーとブルーポイントのシャムなどとの交配でスリム体型を取り戻し、人気を博しました。

このことから、ロシアンブルーの起源はイギリスとする説もあります。

CFA・TICAに認定

 

 

 

2、性格・特徴

Katze Russisch Blau

性格は非常におとなしく、「ボイスレスキャット」とも呼ばれるほど、ほとんど鳴く事がありません。さらに飼い主への忠誠心があり「犬のような性格」と言われるように主人によく懐き、初めて猫を飼うという家庭でも大変飼育しやすい猫と言えます。

一方で警戒心が強く、神経質な面もあり、家族以外の人に慣れるまで少し時間がかかる為、子供が多い家庭や来客が多い家庭で飼う場合、その人の多さにストレスがかからないように配慮が必要です。

目は大きくエメラルドグリーンに輝いています。頭から額にかけてのラインが直線的でヘビに似ていることから「コブラヘッド」と呼ばれ、にっこり微笑んでいるように見えるその笑顔は「ロシアンスマイル」と言われるように口角が上がっています。

 

 

 

3、種類

短毛種で毛の色はシルバーの光沢がかかったブルーのソリッドカラーです。

尻尾にはゴースト・タビーが見られることもあります。

また近年では、ブラック、ホワイト等のブルー以外の被毛色も見られますが品種としては認定されておらず、ネべロングとよばれる長毛種もいますが、こちらもロシアンブルーとしてではなく「ネベロング」で血統登録されています。

 

 

 

4、体重

平均体重はオスが4.0kg~5.0kgで、メスが2.5kg~3.0kgです。

スリムなフォーリンタイプのとおり、一般的な平均体重より、やや軽めです。

 

 

 

5、寿命

平均寿命は、10歳~14歳と言われています。猫の平均寿命が15歳前後なので、少し短いと言えますが、食事管理や体調をきちんと管理する事により19歳まで生きたロシアンブルーもいますので、大切にみてあげましょう。

 

 

 

6、健康上の注意

非常によく動き、よく食べます。スリムな体型を維持する為にもしっかりと食生活を管理して太らせないようにしなければいけません。餌は「高タンパク・低カロリー」を心がけましょう。

運動も上下運動ができる場所を確保してあげることが必要です。

また、被毛が厚いため寒さには比較的強い方ですが、その反面暑さには弱くなっています。真夏にお留守番をさせる時などは、クーラーをタイマーでセットしておいてあげるなど涼しく過ごせるように工夫してあげましょう。

 

 

 

7、なりやすい病気

  • 肥満(身体の関節や筋肉に負担がかかり、捻挫や関節炎になりやすくなります。)
  • 糖尿病(症状としてはすごくたくさん水を飲み、たくさん尿をするようになったら要注意)
  • 尿結石(原因としてはストレスや、ビタミン等の栄養不足等と言われています)

 

 

 

8、飼育について

絹のような滑らかな手触りの被毛をもっているロシアンブルー。抜け毛はそれほど多くなく、一日一回のブラッシングでも十分なので、お手入れがしやすい猫です。

臆病な子が多いので外に放さず、室内でストレスなく過ごせるように環境を整えてあげると安心です。

しっかりと愛情を注いであげる事により、主人に従順で賢い猫に育つでしょう。

 

 

 

まとめ

Zwei se Ktzchen machen ein Nickerchen

ロシアンスマイル、ボイスレスキャットと言われているロシアンブルー。

クールビューティーといえるような呼び名が、更にロシアンブルーの魅力を倍増させ

ています。

物静かで優美な体型に、飼い主の言う事をよく理解する犬のような猫。常に人気ランキング上位に位置するロシアンブルーに誰しも魅了される事でしょう。

 


Sponsored Link