~ for all pet owners ~

亡くなったペットを偲ぶアイテムで永遠の想い出を! 〜5選〜

2016-09-24
Pocket

fotolia_108530755_subscription_monthly_m

 

命はいつか尽きるものと頭では理解していても、愛するペットの命はなんて短いのでしょうか。大切なペットを失った喪失感は計り知れず、心に重くのしかかります。

しかし、そのペットがくれた素晴らしい想い出は永遠に残ります。悲しみだけにとらわれず、偲ぶためのアイテムを手元に持つことで、いつもペットに気持ちを寄せながら楽しい想い出を呼び起こしてみてはいかがでしょうか。

亡くなったペットを偲ぶアイテムは「手元供養の品」などと呼ばれています。ここでは、その「手元供養の品」を5つご紹介します。

悲しみから少しでも立ち直り、そして、愛するペットと過ごした日々に想いを馳せるために是非ご参考にして頂けましたら幸いです。

 

 

 

目次

1、スマホカバー

2、メモリアルチャーム

3、遺骨カプセル

4、麗石(れいせき)

5、クリスタルアッシュ

 

 

Sponsored Link




 

 

 

1、スマホカバー

pet1

出典:http://item.rakuten.co.jp/

 

 

説明の必要もありませんが、最近ではスマホにオリジナルのカバーを装着させる方も多くなっています。オリジナルであっても、意外と安価で作成することができます。スマホで高解像度の写真も撮影できるため、気に入ったペットの写真で作ってみてはいかがでしょうか。

 

(1)オススメポイント

スマホは常に持ち歩きますので、いつも一緒にいる感覚を味わうにはちょうど良いでしょう。通常のカバーや、手帳型のカバーなどにも対応している所もあります。

ただし、スマホは機種によってケースが異なりますので、スマホの機種変更を行うと作り直す必要があるというデメリットもあります。

 

 

(2)購入先と価格帯

通常のスマホカバーであれば、3,000円程度です。手帳型でも3,500円程度です。自分が気に入ったペットの写真でスマホカバーを作成することができます。タブレット端末に対応している店舗もあります。

大手通販サイトなどで購入可能ですが、上記価格は参考価格ですので、注文する店舗・サイトでまずは価格を確認してください。

参考サイトは「スマコレ楽天市場店」です。

 

 

 

 

 

2、メモリアルチャーム

pet2

出典:http://pet-inori.com/

 

馬や人間の毛から筆を作る技術がありますが、その技術を活用して「ペットの毛からチャーム」を作ることができます。ペットの毛、天然石、ボールチェーンなどを使ってチャームを作成し、そこにネームプレートなどが加えられます。

 

 

(1)オススメポイント

筆を作る技術が使われているため、ペットの毛をそのまま使っても傷むことが少ないと言えます。また、実際に愛するペットの毛を使用することから、その肌触りを手元に残せる数少ないアイテムでもあります。

チャームは様々な場所に取りつけが可能ですから、自分が常に持つ物につけられるメリットもあります。また、ネームプレートをイニシャルチャームにすることもできます。

 

 

(2)購入先と価格帯

参考価格になりますが、15,000~20,000円程度になります。チャームの質、メーカーなどによって、価格にはかなりのばらつきがあります。

また、似たアイテムを販売しているメーカーがいくつかありますので、通販サイトなどでも購入が可能です。店舗で販売している場合もあります。

参考サイトは、ペットの仏壇などの販売を手がける「DEARPET」です。

直営店舗以外にもAmazon、楽天市場などでの販売もあります。

 

 

 

 

 

3、遺骨カプセル

pet3

出典:http://pet-inori.com/

 

小さいお骨や歯などを入れておくためのカプセルです。カラーバリエーションも豊富で、自分の好みの形なども選べるようになっています。また、ペンダントタイプ、キーホルダータイプ、アクセサリータイプなどがあり、自分が身につけやすい物が選べるようにもなっています。

 

 

(1)オススメポイント

遺骨を入れるカプセルは様々な場所で手に入ります。こちらでは、そのカプセルに刻印してもらうサービスをご紹介します。ペットの名前、メッセージ、没年など、自分が伝えたい思いを刻印することができます。また、絵文字が選べるようになっていて、そこにはペットのシルエットも含まれています。

巾着が付属しているので、お守りのように持ち運ぶことも可能になっています。

 

 

(2)購入先と価格帯

価格は刻印も込みで、2,500円程度です。同様のサービスを展開しているメーカーがたくさんあるため、こちらは参考価格です。カプセルのみであれば、もっと安く販売しているメーカーもあります。

複数の通販サイトなどでも購入が可能です。また、紹介しているメーカー以外にも、カプセルのみであれば、ディスカウントストアのペット用品コーナーでも取り扱いがあります。

参考サイトは、上記の「DEARPET」です。

直営店でも受け付けてもらえますし、自社サイト(下記のURL)もあります。また、大手通販サイトでも購入可能です。

 

 

 

 

 

4、麗石(れいせき)

pet4

出典:http://www.reiseki.net/

 

人間の遺骨から宝石を作ることは有名ですが、同じようにペットの遺骨から宝石を作ってもらえます。つまり、麗石は石英と遺骨を用いて作る「人工宝石」と言えます。いわゆる、メモリアルストーンとして、人間やペットを問わずに人気になっています。

 

 

(1)オススメポイント

麗石は遺骨を加工して作る人工宝石です。そのため、麗石を作ってしまえば、その後の加工も様々に行えます。カラーやデザイン(石の形)も選べます。

紹介する店舗では、麗石をペンダントにする以外にも、ブレスレット、数珠、リングなどに加工することが提案されています。このように、自分が身につけやすい形に加工できる点、実際の遺骨が使われているのでより一緒にいるという気持ちにしてくれる点などを理由に選ばれているようです。

 

 

(2)購入先と価格帯

人工宝石に加工する手間がかかりますので、価格は安くありません。カラーやデザイン、店舗によって違いますが、ほとんどは120,000円〜150,000程度です。通し穴が空いているので、ペンダントトップをつけるなどすれば、ペンダントに加工することも可能です。

また、ペンダントトップは、形や材質(18金・プラチナ)によっても異なりますが、10,000~35,000円程度です。また、表面に刻印するサービスもあります。こちらは4,000円から。

宝石に加工すると高価になりますが、お骨を樹脂で固めたり、ガラスで固めたりする物であれば、もう少し安くなります。

一部の通販サイトでも取り扱いがありますが、取り扱いをしているメーカーのサイトからの購入も可能です。また、麗石の製作過程に立ち会うことも可能です。詳しくはメーカーのサイトで確認しましょう。

こちらのサイトは「株式会社レイセキ」です。

樹脂封入は「Lidy(リディ)」で注文できます。

ガラス封入は「La forme(ラフォルム)」で注文できます。

 

 

 

 

 

5、クリスタルアッシュ

pet5

出典:http://www.reiseki.net/

 

人工宝石に近い技術を用いて「色ガラスの砂」を作ります。実際の遺骨から作りますが、上記の麗石と違う点は「ガラス」であることです。しかも、砂状になっていますので、透明のケースなどに入れて飾っておくことに向いています。カラーバリエーションも豊富です。

 

 

(1)オススメポイント

ガラスですが、砂状になっているため、小さなガラス容器などに入れて飾ることもできます。また、遺骨などを入れられる位牌などに入れて仏壇に置くと、とても心穏やかにしてくれる物となります。上記のカプセルに入れて持ち歩くこともできます。

特にオススメするのは「砂時計」です。インテリアとしても品がありますが、中に入っているクリスタルアッシュが、愛するペットの遺骨から作られているので、大切なペットとの時間が流れるひとときを感じることができます。

 

 

(2)購入先と価格帯

遺骨の分量によって、できあがるクリスタルアッシュの分量が異なります。そのため、遺骨の分量によって価格が設定されています。最低価格は15gで65,000円からです。30gで75,000円、60gで85,000円などと価格が設定されています。詳しい価格はホームページで確認しましょう。

容器はオプション価格となっており、砂時計の場合はデザインによっても異なりますが、105,000~155,000円です。一部のデザインには真鍮製のネームプレートがついていて、文字を刻印することが可能です。刻印は6,000円からです。

一部の通販サイトでも取り扱いがありますが、上記と同じ「株式会社レイセキ」で購入が可能です。同社サイトからの注文が可能です。

 

 

 

 

 

まとめ

Rote Urne in Herzform mit Bilderrahmen und Kerze

 

ご家族や周りでペットロスに苦しんでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、自分自身が悲しみの中から抜け出せない方もいらっしゃるかもしれません。

現在は12枚の写真を送ればカレンダーを作れるなど、ペットが亡くなってしばらくしてから作る事ができるアイテムなども、たくさんあります。

いつも愛するペットに思いを寄せていることは、天国にいるペットにも伝わり、見守ってくれているはずです。

アイテムを見ながら楽しい思い出を蘇らせ、少しでも微笑む事が出来る日が訪れる事を願います。

 

Sponsored Link




 

Copyright (C) 2018 ペット会議 All Rights Reserved.