~ for all pet owners ~

ご挨拶

Pocket

image2

 

大切にしている15歳の愛犬りゅうが白内障で全く目が見えなくなってしまい、元々発作持ちで体も弱く、日に日に弱っていく姿をみながら、ペットロスについて真剣に考えさせられるようになりました。

周りにもペットロスで塞ぎ込んでいる方、実家の犬が亡くなり自分も号泣したいほど悲しいにも関わらず両親が心配で励ます役に徹している方、奥様がペットロスで鬱気味になってしまってどうすればよいかと悩んでいる方など本当に多くの方が深く心を痛め、家族として無償の愛を注いでくれるペットを失う悲しみを乗り越えるのはとても大変な事なのだと痛感しています。

 

大切なペットに対する愛情表現は様々ですが、どれだけ深く愛し可愛がっていたとしても、「もっとできる事があったのでは」「もっとこうしてあげれば良かった」と必ず思うものではないでしょうか。

 

こちらはそんな打ちひしがれた時に、ペットを亡くしてやり場のない悲しみを抱えている方はたくさんいるんだと感じたり、同じような苦しみや後悔を抱えている方たちの悲しみに寄り添ったり、その辛さが少しでも軽減出来るようなお手伝いができたら・・・という思いから立ち上げました。

 

失ってから可愛い犬や猫などを見る事が出来ないという「苦しみ」よりも、大切なペットとの想い出を良い方向で偲ぶ事が出来たらと思い、動物の優しさや賢さが分かるような動画もアップしていますが、最初は思い出して辛いかもしれません。

また、ペットの介護で大変な苦労をしている方や、飼い始めたばかりで躾けに困っている方のご参考になればと、その他の記事も掲載しています。

 

ペットを亡くす喪失感は本当に計り知れない痛みを伴いますが、きっと「ずっと一緒にいてほしい」と思う方にはすぐに近くに産まれてきてくれていて、その他の方にはいつも見守り、そしていつかお迎えにきてくれるのではないでしょうか。そんな風に考えると永遠の別れではないのかもしれません。

 

まだまだ準備段階ですが、沢山のご意見やご指導を頂きながら、「ペットと向き合う」という事について、スタッフ共々深く考えていけたらと思っております。

 

Copyright (C) 2018 ペット会議 All Rights Reserved.