Cat eats dry cat food

 

近年、食の安全は大きな問題として食べる物を選ぶ時には、産地やメーカーなどにこだわる方も増えています。

キャットフードも同じように安全性を第一に考えて、食材や食品を選んでいますか?

様々な病気の予防や普段の健康も考え、十分選び抜いたキャットフードを与えることが望まれます。

ここでは「年齢別にオススメするキャットフード」を紹介します。

 

 

目次

1、キャットフードを考える目安の年齢とは?

2、キャットフードの栄養価と選ぶ際の注意点とは

3、おすすめの子猫用ミルク

 

 

Sponsored Link




 

 

1、キャットフードを考える目安の年齢とは?

人間の子供でも、授乳から離乳食、普通の食事を年齢によって食べる物が変わってきますが、これは猫も同じです。しかし、必ずしも親猫がいるとは限りませんので、飼い主がキャットフードを与える時に工夫してあげたいところです。

まずはその目安になる年齢を知っておきましょう。

一般的に、生まれたばかりからおよそ「4週目くらい」までは粉ミルクを与え、それを過ぎると、次は離乳食になります。

 

離乳食の目安は「8週目くらい」までです。離乳食の期間は短いので、子猫用のキャットフードを子猫用のミルクで柔らかくするなどして与えると良いでしょう。市販の離乳食も販売されているので、不安な場合はペットショップで市販の離乳食を購入しましょう。

 

離乳食が慣れたら、子猫用のキャットフードを「1歳」までを目安に与えます。子猫用のキャットフードには、猫が育つために必要な「ビタミン」、「ミネラル」、「アミノ酸」が配合されています。

「1歳から8歳くらい」までは成猫用のキャットフードを与えます。その後はシニア猫用のキャットフードになりますが、個体差もあるのでそれぞれの様子を見たり、かかりつけの獣医師に相談したりして、シニア猫用に移行する時期を見極めましょう。

シニア猫用のキャットフードは、カロリーが抑えられ、少しの量でも栄養価が高くなるように考えられています。

 

 

 

 

 

2、キャットフードの栄養価と選ぶ際の注意点とは

日本で猫は「魚を食べる」というイメージで描かれる事が多いですが、動物学的には肉食。

この観点からも猫には「たんぱく質」や「脂肪」が栄養源になることが理解できます。肉の食べすぎで「胃がもたれる」ということはなく、肉や魚が原料に使われているキャットフードを与えることが大切です。また、アミノ酸、ビタミン、ミネラルがバランス良く摂取できるキャットフードを選んであげると良いでしょう。

その他には、穀物不使用(グレインフリー)が注目されています。確かに穀類が原因でお腹を壊してしまうこともあるようです。一方で、穀物や草を食べることで、グルーミングの際に体内に蓄積している毛の排出を促すことが出来る事にも繋がり、体調を整える為ある程度の穀物が必要な場合もあります。

また、原材料の中に「家禽ミール」という物が使われているキャットフードがあります。これは必ずしも良質の肉類が使われているとは限りません。良心的なメーカーでは一定の基準を満たした物を使用していますが、中にはかなり危険な物を使っているメーカーもあるようです。特に低価格で販売されているキャットフードの「家禽ミール」という記載には注意しましょう。

キャットフード選びの際には、このようなことを参考にしてください。

 

 

 

 

 

3、おすすめの子猫用ミルク

Zwei Ktzchen am Futternapf - cat food

 

イミューンナチュラル ヌクレオ ゴートミルク120g

ナチュラルな素材を使いながらも、十分な栄養価がある物にこだわって作られている「100%ピュアヤギミルク」です。飼育しているヤギの飼料までこだわって作られたヤギミルクは、徹底した管理の下で製造されています。

(1) オススメポイント

牛乳と比較すると、ヤギミルクの方が消化吸収率に優れています。そのため、子猫の時に飲ませるミルクとしても最適です。

また、こちらのヤギミルクは脂肪、たんぱく質などの含有量が少なめですから、成猫に与えても問題ありません。水分補給のために与える方も多いようです。さらに、シニア猫のキャットフードを柔らかくするためにも使えるので、年齢を問わずに用意しておきたい商品です

 

(2) 目安量

猫の好みに合わせて、多少分量を調節しましょう。よりクリーミーな味わいを好む猫には少し多めにしたり、風味を加える程度の薄めにするなど与えた時の様子を見てみましょう。

10gを80mlの水で溶かすことでミルクになります。体重が2kgで3gの粉ミルクが目安です。生まれたばかりの子猫など、小さい場合には様子を見ながら与えることが大切です。目安にこだわりすぎないように注意しましょう。

 

(3) 公式サイト

通販などでも購入できます。販売店の情報や商品の詳細な情報は、公式サイトで確認しましょう。

公式サイト:http://reflex.co.jp/

 

Sponsored Link